Adolescence-アドレサンス- コスプレ物語写真集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

製作記録 前編


今回の記事から、装丁についてをご紹介いたします!

私達の写真集は、やりたいことを詰め込むあまりに、通常の発注では思った通りになりません。
その為、すべてを一から自分たちでこなしています。
一枚ずつのページを組み立てて、製本機で表紙をくっつけて、外側のカバーも切り出しからやって・・・

という、まさに字のごとく「ハンドメイド」になっております。



おおまかな流れとしては・・・・

1:本文作成
2:入稿上がり次第、製本
3:カバー材料買い集め
4:材料切り出し
5:縫い合わせ
6:装飾

この順序を取り決める会議も数回に分けてしましたが、みんなで意見を出し合って
大きな一本道が見えてくると、それだけでワクワクしました・・・・!

製作記録は写真が多めなので、追記にしまっておきます。

よろしければ、どうぞご覧ください!
撮影・製作レポート | Comments(-) | Trackbacks(-)

写真集実物サンプル



sample.jpg


お待たせいたしました。
今回は、写真集実物のサンプルです!

写真集を作るならば、自分達の理想の装丁に仕上げたい…というこだわりの元、
全て材料から手作業で一冊一冊製本しております。
そちらの工程は別の記事にてご紹介いたしますので今回はさて置き…
張り切って本のご紹介をいたしますのでどうぞ御覧ください(*^v^*)


まず、表紙カバーの配色は、アドレサンスのイラストから構想を膨らませました。
白、黒、赤の3色を使い、上品な仕上がりになるようにしました。
それぞれ布の種類が違うのですが、手触りが良いです!


sample1.jpg

本誌からするりと伸びているこちらは赤い糸…ではなく赤いリボン。
あまり役立つかはわかりませんが、どうぞ栞にお使いください。
勿論、意味を込めて入れ込んでおります!

そしてタイトルロゴ。
サブタイトルも含め、上手くまとまったなと自画自賛しております笑。
楕円は、あまり意識することなく自然な流れで決まりました。
丸みのあるフレームと書体なので、柔らかさが出ているのではないでしょうか。



sample2.jpg

今回のページ数は90ページ!(※本文のみ)
厚みもあり、また、重みがずしりとあります。
手にした時の感動や、読み応えのある一冊になっているのではないかと思います。




sample3.jpg

最大のこだわり、ビジュー!
写真集を作ると決めた早い段階から、カバーに何か装飾を付けたいと考えていました。
色々無謀なことも考えた末、このパーツ、そして配置に決まりました。
ドロップが本当にキラキラしていてとても綺麗です!

剥がれないよう慎重に接着しておりますが、故意に剥がそうとしたり、
引っかけたりなさらないようご注意いただければと思います。
頒布の際には不織布の袋に入れてお渡しいたします。




お次は中身のサンプルです。
ドキドキしながらページを捲って、物語を見届けてくださいませ!

sample4.jpg






sample5.jpg



sample6.jpg



sample7.jpg



sample8.jpg



sample10.jpg


お気づきの通り、写真と文章(台詞)で物語は進んでいきます。
入れたい描写が多く、写真がギチギチに詰まらないようにするのが大変でした。
漫画と同じような感覚で読みやすいかと思います。



以上、サンプル写真をお届けいたしました!
少しでも興味が湧いてくださったなら嬉しいです。
イベント当日はぜひお気軽にスペースに遊びに来てください(^v^*)

イベント前にはお品書き等告知いたしますが、以下、簡単な概要です。


アドレサンス物語写真集
ハンドメイドカバー
本文90ページフルカラー
頒布価格 1,800円



11/29鏡音まつり!および12/31冬コミにて頒布いたします。
なお、写真集はイベントでの頒布がメインとなり部数が無くなり次第頒布終了となります。
(その為、頒布状況によっては通販はいたしません。恐縮ですがご了承ください。)

また、詳しく告知いたしますが、イベント当日は前作「悪ノ娘 悪ノ召使 ~Twins of evil~」も再頒布いたします。
こちらもぜひご覧いただけますと嬉しいです。


ぜひ、鏡音が好きな方、アドレサンスが好きな方に見ていただきたい一冊です。
愛情を込めて製作いたしましたので、どうぞよろしくお願いいたします!




sample11.jpg

オマケ。
裏には大事なサークルロゴもあります!
地上240mの場所、まさに空(SKY)で生まれたサークル名。
そして綺麗に3人のことを表しているのです。(気づいた方いらっしゃるかな…?)


ここまでご覧下さりありがとうございました!
次回は、この本が出来るまで、の製作工程をご紹介したいと思いますのでそちらもどうぞご覧くださいませ!
実物サンプル画像 | Comments(-) | Trackbacks(-)

撮影話④ 運命の夜


14歳の誕生日の夜、もう二度とは訪れない夜。


自分の心に穴が空いたような、恐怖感、焦燥感。
消すことが出来ないまま、幼い頃から鏡のように見つめてきた相手と言葉を交わします。




photo22.jpg






photo23.jpg



二人は言葉にはしないものの、ひどく痛感するのです。

もう、目の前の鏡は歪んでいるのだと。





photo24.jpg




どうすればこの歪みを元に戻せるのか?

どうすれば心の隙間を埋められるのか?




photo25.jpg




真夜中を告げる鐘の音が静かに鳴り響きます。





photo26.jpg




二人が出す答えは、きっと、めくったページの先に、綴られているでしょう。





------------------------------------------------------



撮影話はこれでおしまいです。

この先はどんな展開になるのか、ぜひお手に取って見届けていただけますと嬉しいです。
物語の核心となる部分はここでは語れないのがもどかしいですが、
苦労もあったりハプニングもあったり色々と頑張って撮影しましたのでよろしくお願いいたします!



さて、最後に少しだけ。

今回使わせていただいたこちらのハウススタジオさんは、
実は私達が初めてアドレサンス撮影をした場所です。

photo27.jpg

素敵なエントランス、広いお庭、ベッドルーム、ダイニング、リビング等など、立派な一軒のお家です。
以来何度か同じ場所でアドレサンスの撮影をしており、
私達の中ではこのスタジオはアドレサンスのリンレンのお家、というイメージが定着しました(^v^*)

photo28.jpg

思い出の場所で、大好きな楽曲の作品を撮れること、本当に嬉しく大切な思い出になりました。
場所をよく知っているからこそ、「この場面はあの場所で撮りたい」等の
具体的な撮影イメージも湧いたのだと思います。

photo29.jpg

コスプレイヤーさんの間ではおなじみのスタジオさんですが、
場所(背景)もぜひじっくりご覧くださいませ!



さて、次回の更新は、いよいよ実物の写真付きで、本についての仕様公開を予定しています。
更に、製本の様子を綴りたいと思います。

atelier SKYでは、なんと中身の1ページから製本をしております。
ハンドメイドならではのこだわりと苦労が詰まっておりますので、次の記事もどうぞよろしくお願いします!
撮影・製作レポート | Comments(-) | Trackbacks(-)

撮影話③ 14歳の誕生日



男女の双子は齢を重ね、ついに14歳の誕生日を迎えました。



photo18.jpg



自宅では誕生日パーティーが催され、家族や友人からお祝いの言葉や品々が贈られます。
リンとレンは笑顔で応えます。

しかし、その笑顔の裏には、他の人には決して知ることが出来ない、戸惑いを抱えていました。






photo19.jpg







photo20.jpg




抱いた気持ちを言葉に出せぬまま触れた手は離れ、
別々のベッドで眠る初めての夜が、静かに近づいてきます。



photo21.jpg




------------------------------------------------------


ちょっと短くなってしまいましたが、第三弾は、14歳のお誕生日当日の場面です!


お祝いムードとは相反して心の内に秘める想い等を表現したいと思い、組み込みました。
しつこいようですが二人は良いところのご家庭だと思っているので
誕生日は盛大なホームパーティーだろうなという想像もあります。

この場面を入れるか入れないか、最初は悩んでいたかと記憶しています。
写真集の中では場面が色々と分かれているので
ここにこれを入れるならあそこにも必要だ、といったような時系列や伏線のバランスもありまして・・・
結構大切な伏線?というか出来事があるので、全体を読んだ後にもう一度見ると
そういうことか~と思うこともあるかもしれません。(^v^)


さて、撮影話はいよいよ次回で最後です。

撮影・製作レポート | Comments(-) | Trackbacks(-)

撮影話② 前思春期


幼少期から時計の針は進み・・・


男女の双子は13歳になりました。

けれども、過ごす時間は幼い頃と変わりありません。
同じベッドで朝を迎え、眠りにつく日々。


photo11.jpg







photo12.jpg







photo13.jpg




そんな時間の中、あることをきっかけに、二人は徐々に気付き始めます。

目の前の鏡が、少しずつ歪んでいることに。



photo14.jpg







photo15.jpg







photo16.jpg



ずっと変わらないと信じていた世界。
現実を目の当たりにして、リンとレンは考えます。

この感情は何なのか。
どうすることが正しいのか。

二人の身体の針は、どんどん刻み、決して止めることはできません。

答えを出せぬまま、14歳の誕生日を迎えようとしていました。



photo17.jpg




------------------------------------------------------


さて、今回ご紹介したのは、
思春期を迎えるほんの少し前、13歳の頃をイメージした場面です。

物語の中で一番煮詰めたのはこの時期かもしれません。
あの楽曲の状況に至るまでの大切な場面です。
(夜の賑わうファミレスで、いい大人3人が真剣に「思春期とは」を語っていました・・・)

衣装はオリジナルの私服です!
アドレサンスのリンレンは良いところの御子息、御令嬢だと認識して物語を作っているので
きっちりとした洋服をイメージして作りました。
お互いが思う衣装を作ったのですが(勿論事前に共有はしましたが)
完成して並んでみると良いバランスになったのではないかと思います(*^^*)

原曲にはない場面を自分達で妄想・・・想像しながら創りだすのは楽しいですね。
特にこの13歳の場面は色々詰まっておりますので、じっくりページをめくってご覧頂けると嬉しいです。



また次回、少しずつ時計の針は進んでいきます。
撮影・製作レポート | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。