FC2ブログ

Adolescence-アドレサンス- コスプレ物語写真集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

撮影話② 前思春期


幼少期から時計の針は進み・・・


男女の双子は13歳になりました。

けれども、過ごす時間は幼い頃と変わりありません。
同じベッドで朝を迎え、眠りにつく日々。


photo11.jpg







photo12.jpg







photo13.jpg




そんな時間の中、あることをきっかけに、二人は徐々に気付き始めます。

目の前の鏡が、少しずつ歪んでいることに。



photo14.jpg







photo15.jpg







photo16.jpg



ずっと変わらないと信じていた世界。
現実を目の当たりにして、リンとレンは考えます。

この感情は何なのか。
どうすることが正しいのか。

二人の身体の針は、どんどん刻み、決して止めることはできません。

答えを出せぬまま、14歳の誕生日を迎えようとしていました。



photo17.jpg




------------------------------------------------------


さて、今回ご紹介したのは、
思春期を迎えるほんの少し前、13歳の頃をイメージした場面です。

物語の中で一番煮詰めたのはこの時期かもしれません。
あの楽曲の状況に至るまでの大切な場面です。
(夜の賑わうファミレスで、いい大人3人が真剣に「思春期とは」を語っていました・・・)

衣装はオリジナルの私服です!
アドレサンスのリンレンは良いところの御子息、御令嬢だと認識して物語を作っているので
きっちりとした洋服をイメージして作りました。
お互いが思う衣装を作ったのですが(勿論事前に共有はしましたが)
完成して並んでみると良いバランスになったのではないかと思います(*^^*)

原曲にはない場面を自分達で妄想・・・想像しながら創りだすのは楽しいですね。
特にこの13歳の場面は色々詰まっておりますので、じっくりページをめくってご覧頂けると嬉しいです。



また次回、少しずつ時計の針は進んでいきます。
スポンサーサイト
撮影・製作レポート | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。